謂れかたち
方格規矩四神鏡 東京国立博物館

青銅
中国 後漢時代・1~2世紀
1面 横河民輔氏寄贈
TJ-645

中央の方格に十二支の文字を時計回りに配す
その周囲に
朱雀・青龍・玄武・白虎の四神、羽人と呼ばれる羽の生えた仙人
等を配している
その外側にの銘文には
鏡に表したの仙人の長寿ぶりがうたわれている
【2014年 展示の説明より】

十二支は時間(年月日)や空間(方位)を示す文字
漢時代の鏡では、天はまるく地は四角という思想のもと
中央の方形区画に十二支を配し
「子」(鼠)は北を示しました
十二支が動物の姿で表現されるようになったのは
南北朝時代から隋時代(6~7世紀)移行です
【2020年 博物館に初もうで 子・鼠・ねずみ 展示の説明より】


方格規矩四神鏡 全体


方格規矩四神鏡 中心部


玄武


白虎

蒼龍


朱雀


140123/200224
龍の謂れとかたちのTOPへ