謂れかたち
東玉川神社:向拝の木鼻の龍の彫刻(東京)

東玉川神社
三百有余年前に、長野県諏訪大社から御分霊を勧請して鎮守の森に建立
地名は当地に鎮座していた諏訪社に由来し、別当寺は等々力村にあった西光寺(廃寺)
当地一帯は旧等々力村諏訪分(大平分)という小さな集落だった
1889年(明治22)に8村が合併し玉川村となる
(等々力、用賀、瀬田、上野毛、下野毛、野良田、奥沢、尾山)

1909年(明治42)に諏訪社は熊野神社(現・玉川神社)に合祀された
1932年(昭和7)の世田谷区発足に伴い、玉川村から独立し東玉川町となる
諏訪社再興の動きが起こり、旧諏訪社の社地が確保された

社殿を造替した渋谷氷川神社から譲り受け移築
1939年(昭和14)に拝殿、1940年(昭和15)に本殿(約400年前の建物)
1941年(昭和16)野毛に鎮座していた日枝神社を遷座、社号を《東玉川神社》として再建



東玉川神社 入口正面 【写真提供:「御朱印・神社メモ」管理人さんのご厚意】


訪問した日は桜の木の伐採工事が行われていました


東玉川神社 社殿正面

木鼻(きはな)
木鼻とは木の先端という意味の《木端(きばな)》が転じて《木鼻》に書き換えられたもの
 《大仏様木鼻》には象鼻・獅子鼻・獏鼻・龍頭などがある
室町時代には、彫刻美を誇るようになり
別木に彫刻した木鼻を柱にとり付けるようになり、《掛鼻》と称されるようになる


東玉川神社 社殿の向拝と唐破風


向拝柱に木鼻がつけられている


木鼻(左)

木鼻(右)


木鼻(左)


木鼻(右)

所在地:東京都世田谷区東玉川1丁目32−9
電話:03-3720-0007
200706

向拝の天井絵  向拝の龍の彫刻  唐破風の懸魚
龍の謂れとかたちのTOPへ